東京都狛江市と「無人航空機を活用した災害対応力の強化及び地域課題の解決に向けた相互連携に関する基本協定」を締結しました。

株式会社エアーズ「一般社団法人日本UAV利用促進協議会(JUAVAC)」(東京都新宿区、代表取締役:大越 信幸、實籾 富二男)は、ドローンを活用した災害対応力の強化および地域課題の解決に向けたスキームをともに構築していくための取り組みとして、東京都狛江市と協定の締結を行いました。

 

協定の背景

狛江市では、令和3年10月に市職員による「ドローン活用推進会議」を立ち上げ、部署の垣根を超えたメンバー間で連携・協力しながら、先進事例の研究や展示会への参加をはじめ、民間企業等の視察を積極的に行うなど、ドローンの検討に向けた取り組みを実施してきました。
2022年3月にはJUAVACが狛江市職員向けのドローン研修会を開催するなど更なる連携の強化を模索をしつつ、狛江市におけるドローン活用の検討を進めてきました。

協定の内容・趣旨

狛江市における災害対応力の強化
・平時における防災訓練等への参加
・災害発生時における被災地等の映像、画像等の撮影

  • 地域課題の解決と理解促進
    ・ドローンの活用に係る最新の知見や情報の提供、ソリューションの提案
    ・研究フィールドや社会実験等の機会の提供・ドローンの社会実装に向けた取り組みの支援
  • ドローンパイロット養成および機器の貸与
    ・市職員のドローンパイロットの養成およびドローン本体その他関係機器の提供または貸与

協定締結式・日時

令和4年5月27日(金)午前10時~11時
< 会場 > 狛江市役所4階 市長公室

■ ニュースリリースに関するお問い合わせ先
株式会社エアーズ
「一般社団法人日本 UAV 利用促進協議会(JUAVAC)」
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2-31 三浜ビル 2階Tel 03-6364-1171
HP https://juavac-droneschool.jp
HP https://airds.co.jp